FC2ブログ

プロフィール

ゆめのゆき

Author:ゆめのゆき
3匹の猫と暮らしています。
小学校の図書室でボランティア5年目。
子供の頃から本好きで、編集者やイラストレーターの経験もあり。娘の幼稚園で絵本サークルを立ち上げ、小学校でも6年間、読み聞かせボランティアをしてきました。今は特別支援学級の子ども達に読み聞かせする機会をいただき、楽しませていただいています。子ども達は可愛いです♪
イギリスのファンタジー、マザーグース、アリスの本と黄金期のイラストレーターの絵本は、かなりコレクションしています。
少女マンガも好きな作家さんの本はコレクションしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
47位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

フリーエリア

マシュー・モリソン in コンサート

Category : 音楽・コンサート
マシューコンサート

マシュー1

マシュー2

24日土曜に、gleeのシュースター先生役、マシュー・モリソンさんの昨年に続き2度目の来日コンサートに行って来ました。
前回は、ケリー・オハラさんもご一緒で、日本からも井上芳雄さん、濱田めぐみさんとの共演でしたが、今回はほとんどソロコンサート。中川晃教さんがゲストのような感じでした。
開演30分前には、VIP席の方々とのファンミーティングもありましたが、今回はそちらには参加せず。(写真自由だったり、サインもらえたり、すごい羨ましい~~!)
大きなオーチャードホールはほぼいっぱい!gleeksがこんなにいっぱいいるなんて嬉しい♪ 女性多め、幅広い年齢層です♪
開演前にパンフレットを買いましたが、それを見て、gleeのピアノマンことブラッドさんも出演されると知り狂喜しました♪
席はVIP席の後ろの11列目のはじっこでしたが。。
後ろから歌いながら登場したマシューさん、近いっっ!!
昨年は2階席だったので、めっちゃ近いっっ!!
もう登場しただけで、大歓声!!
日本語も交え、挨拶をすると、バックコーラスの日本人女性が簡単に通訳をしてくれました。マシューさんは音楽は言葉の壁はないっておっしゃってたのかな? それ以降は通訳なしでいきました。
最初のほうはフランク・シナトラ、デューク・エリントン、ミュージカルナンバー「オリバー!」「南太平洋」「マイフェアレディ」などの現代風にアレンジしたオールドナンバーが続きます。
マシューはgleeでもオールドナンバーが好きで、よくパフォーマンスしていて、カートたちに「先生は古い!」と反抗されるシーンがありましたが、本当にジーンケリー、フレッド・アステアなど、あの時代の音楽が大好きなんですね~
そうそう、ブラッドさんの紹介もありました。gleeではほとんど喋らない設定でしたが、よく喋ってましたよ(笑)
一段落すると中川さん登場、ソロで1曲歌った後、マシューとの「Finding Neverland」のデュエット!中川さんは子役のピーターのパートを。とても美しいハーモニー、素敵でした。昨年2度見たあの舞台の感動が甦ります!
そしてそのまま「Finding Neverland」メドレー。「Stranger」ももちろん!
gleeのナンバーからは、昨年も歌った「Sway」
そして、驚いたのは日本語で「上を向いて歩こう」を歌ってくれました。1番だけじゃなくてフルで。歌う前にうまくいくようにって十字を切ってから歌いだしましたが、あまりに上手で驚きました。目をつぶって歌だけ聞いたら日本人が歌ってると思うくらい。まったく訛りもなく。改めていい歌だなぁ。。と感じ入りました。
そして、ウクレレを持ってきたので、もしや・・と思ったらやっぱり。。glee,season1最終話で先日亡くなったパック役のマーク・サリングとのデュエット「Over the rainbow」でした。思わず泣けてきました。。
そこからうってかわってミュージカル「ヘアースプレー」メドレーで賑やかに。マシューは主人公が思いを寄せる男子役を舞台で演じていましたが、一人で状況を説明しながらのパフォーマンスはなかなかできない芸当でしたよ!
アンコールは「Sing in the rain」と「ビートルズメドレー」(Let it be~Hey! Jude)
gleeksは「Don't stop believin' 」が聞きたかったところですが。。それこそ一人だとってことかな。。
でもね、大満足でしたよ!マシューさん、本当に明るいオーラに包まれていましたね。光をふりまいてる感じ。ありがとうございました!!ぜひまた来てくださいね~♪

早見優さんやクィン役の吹き替えをした水樹奈々さんもいらしてたんですね!

今回は大阪公演もあり、全部で6回。WOWWOW で3月31日にオンエアされるそうです!う~、またしても契約するかどうか迷います。。

CD買いました♪


昨年のトニー賞コンサート
http://yumeyuki101.blog.fc2.com/blog-entry-243.html


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪
スポンサーサイト



トニー賞コンサート

Category : 音楽・コンサート
トニー賞コン

トニー賞1

トニー賞3

トニー賞2

昨日は、楽しみにしていたトニー賞コンサート、国際フォーラムへ行って来ました。
大好きだったドラマgleeのシュー先生役、マシュー・モリソンさんが来日するとあってはじっとしてはいられない!
渡辺謙さんと「王様と私」で共演したケリー・オハラさんも!

チケットはうっかりしてたら完売してしまい、なんとかとれないかとヤフオクやチケットキャンプみたりしてたんだけど、あまりでてないうえに、高値で出ていたりと手が出せない感じ。そしたら娘がオケピを教えてくれて、ここは定価以上の値段つけるの禁止なので安心して取引成立!やった!2階席だけど8列目。前が通路なのでよかった。

お二人といっしょに出演するのは、日本の人気ミュージカル俳優、井上芳雄さん、濱田めぐみさん。

国際フォーラムのAホールは初めてでしたが、大きい!
2階席なので、オペラグラスを用意していたのに、会場目の前にして忘れたことに気づき焦る!!

しかし!大きなスクリーンが設置されていたので問題なかったです!お隣の方はオペラグラス持ってきていたけど、ほとんど使ってなかったです。

フルオーケストラが鳴り響き、井上さんが登場、(自分は司会者じゃないですと言いつつもナビゲーターとしてとても頑張っていました)ファン倶楽部があるくらいで絶大なる人気ですね。娘は「モーツァルト!」を観たって言ってたかな?私は生では初めて。
濱田さんは劇団四季時代「ウィキッド」を観ました。
そして、マシューさん呼ばれるとみんな大騒ぎ!GLEEKさんたち、いっぱい来てくれてるのね~~!私も大興奮です!
ケリーさんもすてきな人!
マシューさんはglee以外のキャリアは実はあまり知らなかったりするんですが、ケリーさんとも「南太平洋」などいくつも共演してるのね~
お二人とも日本は初めてで、日本をとても気に入ってくれたようでした。

披露してくれた曲は、スタンダードが多くて、gleeでもおなじみの曲も多く楽しめました。
ソロ、デュエットをかわるがわるに。
歌はもちろん、ダンス、身のこなしが軽いな~!
1部の最後になって、gleeコーナーでシュー先生のソロに続き、4人が出揃いgleeのテーマソングともいえるジャーニーの「Don't stop beliveing」を歌ってくれた!! キャーー!!

2部はこれからやる新作の披露もあり、「ネヴァーランド」「ギャツビー」など。。とてもいい曲で、観に行こうかな~という気になりました。
マシューさんの「ヘアスプレー」コーナーは3曲連続ソロで歌いきり、最後には仰向けに倒れるというサービスぶり?
最後まで飽きさせず素晴らしいステージでした。

アンコールは、3曲だったかな? シュー先生がウクレレ弾いてパックといっしょに歌ったgleeヴァージョンの「Over the rainbow」は涙でた~ 最後はやはりトニー賞だから「ウエストサイドストーリー」の「トゥナイト」で盛り上げて大歓声のうちに幕を閉じました。
大満足でした~~!

このコンサートの様子はwowowで生中継で放送されていて、そのせいか、音響が気になったということはありましたが、、皆さんとても声量のある方ばかりなので、マイクいらないんじゃないの?と思うくらい。。音声が割れる寸前なかんじで^^;
4月には再放送もあるというので、wowow契約しようかなぁ。。またこの感動を味わいたいです~
あとはポスターなど全然なくて、なにも撮影できない感じでしたね~ グッズもランチトートバッグ付きのプログラムしかない感じ。ランチトートはロゴだけなんだけど、すぐに完売しちゃったみたい。私はトートバッグなしのプログラムで十分だったので問題なし。

あ~行ってよかったです~!
夢のような時間の素晴らしいステージでした!

余談ですが、今日、同じホールで連れ合いの勤め先の大学の卒業式がありました!
もちろん式の間は職員なのであのステージに座れるわけで! いいな~~

記事になっていましたね!
http://www.jiji.com/jc/article?k=000003633.000001355&g=prt




気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

イディナ・メンゼル in 武道館!!

Category : 音楽・コンサート
父の葬儀が済んだのが6月1日。

5月1日の救急搬送から、ちょうど1ヶ月だったわけだ。。

大変だったけど、娘の一言「おじいちゃんはおうちがすきだったから、おうちでお葬式ができたらいいね」をきっかけに、実現するべく大掃除。
近所の方々や弟の古くからの友人たちがかけつけてくれて、驚くばかり綺麗になって、それなりにたくさんの方々がおみえくださり、自宅での葬儀ができて、とりあえず一段落。
これからやるべきことは、まだまだだけれど。。

それでうっかり忘れてた!
6月4日はイディナ・メンゼルの武道館コンサートじゃないのっっ!

来日が決まって、かなりたってから娘が行きたいと言い出して、もうチケットないんじゃ。。?と思いヤフオク探したら、アリーナの良い席がでていて、適価でゲット!
その日を楽しみにしていたのでした。。

武道館、すんごい久しぶり。。

イディナ・メンゼルは。あの「アナ雪」エルサの声担当、もちろんあの「レリゴー」の大ヒットでアカデミー賞歌曲賞受賞で世界中の人たちが知ることに。。
私は、大好きなドラマ「glee」で知り、あのミュージカル「Wicked」のエルファバ役でトニー賞主演女優賞も受賞している方と知り。。ブロードウェイは行ったことないけど、「Wicked」は劇団四季に始まり、ロンドンまで観に行った!
「glee」でも「Wicked」の楽曲が使われているし、ワクワクしながら観ていました。

イディナ1

さて、武道館!
早めに到着、うわぁ、もうたくさんの人。そして公式グッズ売り場でパンフレット購入。2000円。直筆サイン入りは5000円で売ってたけど、通常版で^^;

イディナ3

そして入場。
うわぁぁ、近い!!ほぼセンターの8列目!しかも端っこ。こんないい席で観るのって滅多にない!
イディナ2

19時開演だけど、17分遅れてやっとイディナ登場~!
最初の曲は、イントロでもう思い切り盛り上がる!!
「Defying Gravity」ですよっっ!
言わずと知れた「Wicked」の名曲。
そして続けて「Funny girl」から「 Don’t Rain On My Parade」!!
これも「glee」でレイチェルが十八番にしていた曲。

間のトーク、私には全部は理解できなかったけど、娘はこの間英語ミュージカルで鍛えたからか、かなりよくわかったみたいでした。
とってもチャーミングな方でしたね~

途中で踵を掻いている?虫にさされてかゆいのか?と思ったら、ハイヒールのサンダルを脱いじゃって、裸足で会場に降りてきました!
うわぁーー!すぐそこまで来たぁ!握手したかったよぉ~!斜め前の人はハグしてもらってた!
ミュージカル「RENT」から「Take Me or Leave Me」だったのだけど、会場を回りながら、お客さんを引っ張りだして歌わせるという恒例のコーナーらしい。。
ミュージカルスターの卵たち?若い人たちが歌う歌う!!うまい~~!!あらかじめ打ち合わせしてたの?って思うくらいで!素晴らしかった!
この歌も娘曰く「glee」でも歌ってたというので後で調べたら、レイチェルとメルセデスがケンカしながら歌ってるうちに、歌が終わる頃にはすっかり笑顔で仲直り!っていうシーンでした。
ほかにも会場に歌わせる場面あり。。ああ、もっとちゃんと予習してくるんだった~~と後悔先に立たず。。

「Wicked」からさらに「For Good」は、マイクなしでアカペラで歌うし!
ラストはやっぱり「Let it go」だったんだけど、サビの部分はなんと日本語で「ありの~ままの~」って歌ってくれましたよ!ワールドツアーではみんなその国の言葉で歌ってるみたい。

アンコールで花束を持って登場したのは、なんと神田沙也加ちゃん!わかんなかった。。痩せた?「アナ雪」のアナ役でしたね。
最後の曲は「Annie」から「Tomorrow」。大人が歌ってもいい曲だなぁ~

あ~よかった~!心洗われるひとときでしたぁ~


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

ウィーン少年合唱団

Category : 音楽・コンサート
ウィーン少年合唱団2

昨日は母の日でしたが、娘の大学の郊外の校舎(中・高等部)で、オープンキャンパスの一環として(?)ウィーン少年合唱団のコンサートの公演があるというので、在校生と保護者枠で行ってきました!

ウィーン少年合唱団といえば、小学生の頃、少女マンガ誌のグラビアの常連でしたね~ (年がバレますね^^;)
熱狂的なファンも多かったのかな~
私は初めてなので、とても楽しみにしてました。

10~14歳の25人のハイドン組。日本人の子もいました。
昔は白人の子ばかりなイメージでしたが、今はいろいろな国の子がいます。
指揮と伴奏は香港の方でした。
ただ綺麗な歌声だけじゃなく、いろんなパフォーマンスも楽しませてくれるんですね~
ピアノやギターを弾いたり、パーカッションもやったり。2階席に来て歌ってくれたり。
世界中を公演しているから、その国の歌を必ず歌うようで、世界旅行をするような感じで聞かせてもらいました。一人づつ前に出て、日本語で曲の紹介もしてくれます。

2部構成で1部では、映画「サウンド・オブ・ミュージック」から3曲のコーナーがよかったです。
「サウンド・オブ・ミュージック」「ドレミの歌」「エーデルワイス」
締めはビリー・ジョエルの「ロンゲストタイム」「ウィーン」で、これも新鮮。

第2部も世界の歌で、日本の歌のコーナーでは、ガーベラを持って登場。そう、「花は咲く」ですね。
この曲はやはり東日本大震災を思い出してしまい、涙が抑えきれませんでした。
「ふるさと」「ひこうき雲」と、選曲ははっきりいってベタです。でも、とても心にしみました。こんなにいい歌だったんだなぁ。。

ラストは地元ウィーンの「ラデツキー行進曲」を会場も手拍子で。
アンコールは3曲あったかなぁ。最後は「We are the world」でした。

郊外の駅からスクールバスで遠かったけど、とてもいいコンサートにご招待いただき、すばらしい時間を過ごせました。
あ〜、でも「野ばら」「菩提樹」なんかも聞きたかったかも〜!

帰りにモロゾフの母の日限定ケーキを購入。
もうすぐ娘の誕生日なんだけど、このケーキ、去年も食べたかったんですって。母の日限定だから、誕生日にはもう店頭から消えていたという訳^^;
中がチョコレートスポンジで、ピンクのホワイトチョコレートでデコレーションしてます。

母の日ケーキ