FC2ブログ

プロフィール

ゆめのゆき

Author:ゆめのゆき
3匹の猫と暮らしています。
小学校の図書室でボランティア5年目。
子供の頃から本好きで、編集者やイラストレーターの経験もあり。娘の幼稚園で絵本サークルを立ち上げ、小学校でも6年間、読み聞かせボランティアをしてきました。今は特別支援学級の子ども達に読み聞かせする機会をいただき、楽しませていただいています。子ども達は可愛いです♪
イギリスのファンタジー、マザーグース、アリスの本と黄金期のイラストレーターの絵本は、かなりコレクションしています。
少女マンガも好きな作家さんの本はコレクションしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
47位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

フリーエリア

「きゃべつくんのにちようび」「ムッシュ・ムニエルとおつきさま」

Category : 読み聞かせ
今回も楽しい時間になりました!^0^

長新太さんの絵本は、やっぱり外さないですね~
以前このクラスでは「キャベツくん」を読んだことがありますが、その続編が何作か出ていて、巨大な招き猫たちが表紙に描いてある「キャベツくんのにちようび」を子ども達と選んでみました。

いつものキャベツくんと腹ぺこのブタヤマさん、またしてもブタヤマさんたらキャベツくんを食べようとしています。
そこの現れた白い3本の手! 「いらっしゃいいらっしゃい、おいしいものがありますよ~」って。巨大な招き猫たちが、例によって脈絡もなく突然登場します。
ついていく二人。。すると。。広大なキャベツ畑が!
でも、消えてしまいます。
そして・・・
次は巨大な招き猫軍団が。。これってあのマヨネーズのCMを思い出すのは私だけではないでしょう・・タ~ラコ~♪タ~ラコ~♪
そして・・・

えええ~~っ? そんなぁ~~ な展開。。

書いてしまうとつまらないので、ぜひ探してみてください~^0^

みんなちゃんと驚いてくれるから、ほんとに嬉しいなぁ~

そのノリで、「もう1冊読んでよ!」と声がかかるとまた嬉しい♪

まだ時間があったので、私がさっきS君にこっそり貸してあげた「ムッシュ・ムニエルとおつきさま」を読むことに。
S 君は自分は知ってるんだとちょっと得意そうにしてて、可愛い。みんなに教えないでよ~と言いおきました。
先週「ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします」を読んだので、みんなもすぐに世界に入ってきてくれます。
「おつきさま」はシリーズ2作目だけど、私はこの作品が一番好きかも。
アインシュタインそっくりの双子の変な博士たちと、ムニエルの魔術でたくさんの偽のお月さまがでるところとか、大好きです。
みんな満足してくれたみたいでよかった~

つかみはオッケー。
こうやって楽しい時間をこれからもつくっていけたらいいな。
そして子ども達が本好きになってくれたらもっと嬉しい。

キャベツくんのにちようび (えほんのもり)キャベツくんのにちようび (えほんのもり)
(2004/02)
長 新太

商品詳細を見る


ムッシュ・ムニエルとおつきさまムッシュ・ムニエルとおつきさま
(2001/10)
佐々木 マキ

商品詳細を見る

スポンサーサイト



「てじな」「ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします」

Category : 読み聞かせ
今日の読み聞かせ。

先週から決めていた2冊、「てじな」「ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします」をこどもたちに見せて、どっちがいい? ときいてみる。

体の大きい3年生が「てじな」(土屋富士夫・作)と。

てじな (幼児絵本シリーズ)てじな (幼児絵本シリーズ)
(2007/05/10)
土屋 富士夫

商品詳細を見る


この絵本は図書館で見つけたんだけど、シンプルながらも穴が開いていて、次のページにつながっていく仕掛け絵本。
いかにも魔術師でござい、って感じのターバン巻いたおじさんが、魔法の言葉「あんどら、いんどら、うんどら!」と唱えると、わっかがいっぱい増えたり、卵から花が咲いたり、白い旗が虹色になったり、あひるがうさぎになったり。。。最後はカップから虹色のリボンがいっぱい!
子ども達もとっても楽しんでくれたみたい!
言葉の量もページも少なかったので、そっちの本も読んで!とリクエストの声が。

以前、それで失敗したことがあるから1冊のほうがいいかと思ってたけど、時間もあるし、雰囲気的に大丈夫かな、と思い、2冊目、行きました!

以前この続編「ムッシュ・ムニエルとおつきさま」を高学年に読んだことがあるけど、特に男子に人気でした。
漫画家でもある佐々木マキさんの絵は、パッと目を引きますよね。
村上春樹さんも大ファンで、表紙をいくつか描いていますよね。

子ども達も、その不思議な世界観に見入っていました。
今度続編の「おつきさま」も読んであげよう。

ムッシュ・ムニエルをごしょうかいしますムッシュ・ムニエルをごしょうかいします
(2000/05)
佐々木 マキ

商品詳細を見る


3年生の大きな子が入って、このクラスの雰囲気が変わって、ちょっと心配しましたが、今日その子は図書の時間、いるのかいないのかわからないくらい、本を集中して読んでいました。
その子はマジックがすきで、マジックの本ばかり借りていたけど、今日は先々週読んだ「ホットケーキ」のお話を覚えていて、借りたいと言ってきました。
絵本のほうがいいのかなと思って、同じ話の絵本「おだんごぱん」を出してきたら、そっちじゃない、と言って「おはなしのろうそく」のほうを借りていきました。嬉しい~!

ほかの子は、今日読んだ本を借りたがったけど、あいにく、図書室にないので私が個人的に図書館から借りてきた本なので又貸しはできず。。でも、その子の興味をもちそうな絵本をいくつか持ってきて納得していきました。

この特別支援学級の読み聞かせをはじめて3年目ですが、人数が少ないこともあり、だんだん一人一人の個性や好みもわかってきて、1週間に一度の図書の時間だけのおつきあいですが、本を好きになってもらえてるかな~という感じがしています。 いろんな本に出会わせてあげられたらいいな。
先生はちょっと最近お疲れ気味みたいで心配していますが、図書の時間はちょっと休憩じゃないけど、ゆっくりしてほしいな~と思っています。

授業が終わって、この間の続き、フェリシモの段ボールを使って上置き本箱を作る作業。
かわいくできました!ブッカーもいっぱい余ってるそうなので、思い切って使わせてもらい。補強もしちゃいました。
これで窓際の日焼けから守られる!
図書室がだんだん整っていくのは楽しいな~^0^

100かいだてのいえ(ビッグブック)

Category : 読み聞かせ
今週の読み聞かせ、手品の本が好きな子に向けて、その関連の絵本をいくつか探してみたのですが、先日図書室の奥から(^^;)「100かいだてのいえ」のビックブックが出てきたので、こちらにすることにしました。
先週、この元の絵本を子ども達が取り合ってたのを見ていたから。。

元の絵本はたてにめくっていく絵本なのですが、このビックブックは最初から縦長の、とっても背の高いつくりのアイディア作品です!(116㎝あるらしいです!前代未聞!)
元の絵本も子ども達にとっても人気があるようで、いつも貸し出されています。
お話はトチくんのところに「遊びにきてください」という手紙が来て、訪ねていったらなんと上が雲でかすんで見えないような100かいだてのいえ。
最上階に住む差出人にたどりつくまで、いろんな動物や虫たちが住んでいるところを通って上っていくんです。断面図みたいで面白い。楽しく描き込まれているので、ゆっくり見たらたくさん発見がありそうです。

やっぱりみんな大騒ぎで盛り上がりました。
これだけ画面が大きいと、みんな黙っていられないでしょ^0^

「ちか100かいだてのいえ」も出ているのですね。こっちも面白そう!

先月はまだ落ち着かない雰囲気でしたが、本を読むことに集中できるようになってきたので、大丈夫かな~と思えました^^

次回は佐々木マキさんの絵本を読んでみようかと思います。

ビッグブック100かいだてのいえビッグブック100かいだてのいえ
(2009/10/30)
岩井 俊雄

商品詳細を見る




ウィーン少年合唱団

Category : 音楽・コンサート
ウィーン少年合唱団2

昨日は母の日でしたが、娘の大学の郊外の校舎(中・高等部)で、オープンキャンパスの一環として(?)ウィーン少年合唱団のコンサートの公演があるというので、在校生と保護者枠で行ってきました!

ウィーン少年合唱団といえば、小学生の頃、少女マンガ誌のグラビアの常連でしたね~ (年がバレますね^^;)
熱狂的なファンも多かったのかな~
私は初めてなので、とても楽しみにしてました。

10~14歳の25人のハイドン組。日本人の子もいました。
昔は白人の子ばかりなイメージでしたが、今はいろいろな国の子がいます。
指揮と伴奏は香港の方でした。
ただ綺麗な歌声だけじゃなく、いろんなパフォーマンスも楽しませてくれるんですね~
ピアノやギターを弾いたり、パーカッションもやったり。2階席に来て歌ってくれたり。
世界中を公演しているから、その国の歌を必ず歌うようで、世界旅行をするような感じで聞かせてもらいました。一人づつ前に出て、日本語で曲の紹介もしてくれます。

2部構成で1部では、映画「サウンド・オブ・ミュージック」から3曲のコーナーがよかったです。
「サウンド・オブ・ミュージック」「ドレミの歌」「エーデルワイス」
締めはビリー・ジョエルの「ロンゲストタイム」「ウィーン」で、これも新鮮。

第2部も世界の歌で、日本の歌のコーナーでは、ガーベラを持って登場。そう、「花は咲く」ですね。
この曲はやはり東日本大震災を思い出してしまい、涙が抑えきれませんでした。
「ふるさと」「ひこうき雲」と、選曲ははっきりいってベタです。でも、とても心にしみました。こんなにいい歌だったんだなぁ。。

ラストは地元ウィーンの「ラデツキー行進曲」を会場も手拍子で。
アンコールは3曲あったかなぁ。最後は「We are the world」でした。

郊外の駅からスクールバスで遠かったけど、とてもいいコンサートにご招待いただき、すばらしい時間を過ごせました。
あ〜、でも「野ばら」「菩提樹」なんかも聞きたかったかも〜!

帰りにモロゾフの母の日限定ケーキを購入。
もうすぐ娘の誕生日なんだけど、このケーキ、去年も食べたかったんですって。母の日限定だから、誕生日にはもう店頭から消えていたという訳^^;
中がチョコレートスポンジで、ピンクのホワイトチョコレートでデコレーションしてます。

母の日ケーキ

ホットケーキ

Category : 読み聞かせ
昨日の図書ボランティア。
今回は絵本じゃなくて、「おはなしのろうそく」から、私の十八番(?)の「ホットケーキ」を朗読で。
有名なロシア民話のころころころがるパンケーキのお話です。
最初からいるメンバーには2年前にもしてるんですけどね。
この「おはなしのろうそく」は語りやすい言葉で書かれていて、言葉遊びが面白く、私はホットケーキの繰り返しでてくる台詞をついつい早口言葉で一気に読んでしまうのですが、これがいつもウケるんです~^^
お母さんの焼いたホットケーキがひっくり返るときに逃げ出し、ころころころがりながら、出会った者たちに言うセリフ。
おじさんにはオジサンポジサン、アヒルにはアーヒルガーヒル、ガチョウにはガッチョプッチョ、カモにはカモカモガモガモ、という具合に。

しかし、やはり新メンバーの3年生男子が大声で茶々入れてくる。。
絵がないのか、とかね。

だから挿絵も見せながら、早口言葉で読んでいくんだけど。。
ほかの子も影響受けちゃって、落ち着かず苦戦。。^^;
でも、みんなお話は聞きたいのが見え見えで、私の膝に乗ってきたり、くっついてきたり。。^^;
ちゃんとここぞというところでは笑ってくれたしね。
それになにより借り手もついたし!

「おだんごぱん」とか、同じお話の絵本も紹介すればよかったな~~と後悔。

そして、問題の妨害する子はマジックの本がすきだから、今度マジックのお話をやってみようかな。お話の楽しさをもっと知ってほしいから! いい本あるかしら?
知っている方、ぜひぜひ教えてください~~!

ホットケーキ  愛蔵版 (おはなしのろうそく 9)ホットケーキ 愛蔵版 (おはなしのろうそく 9)
(2009/09)
不明

商品詳細を見る







そして、図書室の作業では、通販フェリシモの可愛い箱をずっととっておいたのを持っていって、透明テープで補強して、上置き本箱を4つ作りました!
はみ出してる本も移動して綺麗に全部入りました!嬉しい~~!
来週も追加で持っていって(まだまだとってある^^;)、さらに可愛く綺麗にするぞっ♪
さすがにいっぱい働いて疲れたけど充実~~!!