FC2ブログ

プロフィール

ゆめのゆき

Author:ゆめのゆき
3匹の猫と暮らしています。
小学校の図書室でボランティア5年目。
子供の頃から本好きで、編集者やイラストレーターの経験もあり。娘の幼稚園で絵本サークルを立ち上げ、小学校でも6年間、読み聞かせボランティアをしてきました。今は特別支援学級の子ども達に読み聞かせする機会をいただき、楽しませていただいています。子ども達は可愛いです♪
イギリスのファンタジー、マザーグース、アリスの本と黄金期のイラストレーターの絵本は、かなりコレクションしています。
少女マンガも好きな作家さんの本はコレクションしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
47位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

フリーエリア

「チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 10番地 スタンプに来た手紙」

Category : 読み聞かせ
今週の読みきかせ。
例によって家の本棚で探し物をしていたら、懐かしい本を見つけて、今週はこれにしよう♪と持って行ったのですが。。

身体の大きい3年生のS君、私のところにきて「このシリーズの10冊目を読み聞かせして」と、リクエスト。
持って来たのは、エミリー・ロッダの「チュウチュウ通りのゆかいななかまたち」シリーズ 10番地「スタンプに来た手紙」という本。
私、このシリーズは知らなかったんですよ。
エミリー・ロッダといえば、娘の小学生の頃、男の子中心に大流行した「デルトラクエスト」の作者。その後「フェアリーレルム」は女の子たちがハマったシリーズよね。
後から調べたら「ローワン」シリーズもそうなんですね。まさに児童文学のヒットメーカー?!
「チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 」は絵本にしては文章量が多く、短編童話シリーズといったところかな。
この子たちの読み聞かせにはちょっと長いかなぁ~と、心配。。。

持って来た絵本や、図書室でピックアップした絵本もいっしょに持って行って、みんなにS君がこれがいいっていうんだけど、いいかな?ちょっと長いけど。。と聞いてみたら、ちょっと不安そうな子もいたけど、いいみたい。
じっとしてるのが苦手のA君たら、先生を呼んで、隣に座ってって頼んでて、可愛い^^自分が動き出さないようにってこと?

絵本と違って、見開きに絵がないページもあり、そういうときは、本を裏返して表紙側の絵が見えるようにして読んでみました。
5章に分かれていて、途中で退屈してるような子もいたけれど、みんな最後までじっと聞いていました。

ストーリーは、ハツカネズミたちの住むネコイラン町(笑)、1番地~10番地の住人たちそれぞれを主人公にして、10冊のシリーズにしたもの。
10番地は郵便配達のスタンプのお話。
スタンプはいつも配達するばかりで、自分宛の手紙をもらったことがありません。それで、どうしても自分宛の手紙がほしくて、新聞にペンフレンド募集の3行広告を仮名でだします。
そして、町中のネズミたちから手紙をもらうことになるのですが。。

エミリーさん、うまいですね~
幸せとはなにかってことを、ちゃんと子どもたちにわかるように、繰り返し描いているんですね。

せっかくだから、自分で10冊全部読んでみようと思います。

いつもより早めに読み始めたのですが、ちょっぴり時間オーバーしてしまいました。先生がかまわないですよ~と言ってくださってよかった^^
来週はなにを読もうかな。
S君だけじゃなく、せっかくだから、他の子のリクエストもきいてみよう。

10番地 スタンプに来た手紙 (チュウチュウ通りのゆかいななかまたち)10番地 スタンプに来た手紙 (チュウチュウ通りのゆかいななかまたち)
(2011/04/25)
エミリー ロッダ

商品詳細を見る









気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪
スポンサーサイト



「かえりみち」「はっぱじゃないよ ぼくがいる」

Category : 読み聞かせ
今週の読み聞かせ。
本棚の整理をしながら、お月様のお話を見つけました。皆既月食の日だから、これ、いいかも♪
「かえりみち」じゅてん作・オオノヨシヒロ絵
表紙を開けると、タイトルページには、夕焼けのなか、お母さんと男の子が手をつないでシルエットで描かれています。
だれも通らない暗い道。最初はお月様がついてくるね、って言ってるんですが、カエルやイタチ、ふくろう、いのしし、たぬき、そしてなんとくままでがついてくる!
彼らも「よるはひとりじゃこわいんか」と。
次はだれ?とめくるとなんと、おばけ!おばけのこどもでしょうか?
なんとおばけもこわいんか。と。
みんなでいればこわくないよって最後はたくさんあった影がひとつになって、みんなにこにこ大団円。
あれ?おばけの影は?みんないっしょの中だからそれでいいんだね^^

単純な繰り返しだけども、子ども達は次はなにが出てくるのか、わくわくしてるみたいでしたよ。くまのがでてきたときは、わーーっ、えーー??って声を上げていました。
かあちゃんの表情は終始にこにこ。おばけが出て来たときはさすがに目がまんまるになってましたが。
こんなかあちゃんだから、安心なんだね♪

かえりみち
かえりみち (チューリップえほんシリーズ)かえりみち (チューリップえほんシリーズ)
(2003/11)
じゅてん

商品詳細を見る


2冊目は「はっぱじゃないよ ぼくがいる」
「はるにれ」で、一言も言葉を使わず、美しい木の1年を写真で表現した絵本が大変話題になった姉崎一馬の作品です。
これは以前も読んだ「ふゆめがっしょうだん」や「まちにはいろんなかおがいて」などの作品の仲間ですね。
いろいろな葉っぱの写真、虫食いなどで穴があいた葉っぱ、みんな顔にみえるんです。
この作品には姉崎氏のつけた言葉があります。
「はっぱじゃないよ ぼくがいる」ってなかなかですね。
巻末には、それぞれの葉っぱの名前が書いてあります。姉崎氏の言葉も書いてあります。
ああ、ここも読んであげたら良かったなぁ。。ちょっと時間が押しちゃってて残念。

はっぱじゃないよぼくがいる (森をあるけば)はっぱじゃないよぼくがいる (森をあるけば)
(2006/09)
姉崎 一馬

商品詳細を見る


はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)
(1981/11/10)
姉崎 一馬

商品詳細を見る



気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

「うみへいくピン・ポン・バス」「ねずみくんのチョッキ」

Category : 読み聞かせ
今週の読み聞かせ。
特別支援の3年生はお泊まりの行事があるらしく、1年生の男の子だけでした。

電車が好きな子だからな。。「しんかんくん」は読んだし。。
そこで目についたのは「うみへいくピン・ポン・バス」。
竹下文子・鈴木まもるのご夫婦による「ピン・ポン・バス」の続編だったようです。

うみへいくピン・ポン・バスうみへいくピン・ポン・バス
(2004/06)
竹下 文子

商品詳細を見る


男の子はやっぱり「のりもの絵本」が大好きですね。
いちいち指差して楽しそうに聞いてくれました。

絵は、いろいろな工夫、遊びがあるようで、ゆっくり探してみると発見があり、さらに楽しそうですね。

このお話には主人公はいないのですね。
語り口は、まるで優しいナレーションのよう。
バスを降りるときに押すチャイムの「ピンポン」の繰り返しが楽しいですし、街中からバスに乗り、海に着くまでの風景の移り変わり、海に着いたときの子ども達のはしゃぎようが生き生きと描かれています。

もう一冊「ねずみくんのチョッキ」も用意していたら、こっちも読んで~っておねだりされました^^
3年生の子たちにはもう読んであげていますが、1年生にはまだ読んでいないので、今週はちょうどよかった。
最後の場面までちゃんと見せてあげましたよ。伸びちゃったねずみくんのチョッキをぞうさんが鼻にかけてブランコにして乗せてあげるあのシーンです。

今回は偶然2冊とも、ご夫婦の合作絵本になりました。
さすが、息の合った名作たちです♪

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)
(1974/08/01)
なかえ よしを

商品詳細を見る


ねずみくんブランコ


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

「だまし絵展Ⅱ 進化するだまし絵」

Category : 美術展・展覧会
今日は無事に××回めの誕生日を迎える事が出来ました。

皆様、これからもどうぞよろしくです~

この夏はちょっと忘れられない夏だったけれども。。

さて、と。

昨日はツレと渋谷文化村ミュージアムへ。「だまし絵展Ⅱ 進化するだまし絵」を鑑賞。
2009年に開催した「だまし絵」展のpart2。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_deception/topics/

4章に分かれた展示。

1章 トロンプルイユ
2章 シャドウ、シルエット&ミラーイメージ
3章 オブ・イリュージョン
4章 アナモルフォーズ・メタモルフォーズ

rec_pic1.jpg

プロローグでは、いきなりメイン作品の16世紀の画家、アルチンボルドの司書の絵が現れます。そう、あの本でできた人の絵です。続いて樽やコップでできた人「ウエイター」。
そして作者不詳のアナモルフォーズの絵が数点。
横から見たり、真ん中に鏡になる円筒を立ててみると絵が見えるというタイプ。

それから現代アートが続き。。
福田繁雄氏のオブジェ、グランドピアノは、見る位置によっては得体の知れない物体が、ある一にくるとピアノになるという摩訶不思議なオブジェ作品。。いったいどうしてこんな不思議なものが作れるんでしょう?
娘の福田美蘭さんの目が動く婦人像とか、虚をつかれましたね!音までするし。。

ex_pic5.jpg

このあたりの作品は立体もあるし、図録に載ってる写真ではわからないでしょうね。。見る位置に寄って思いがけない姿が現れる仕掛けがたくさん。。
文化村ミュージアムのサイトでムービーツアーがみられるので、ぜひご覧あれ!
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_deception/movie.html

4章では、お待ちかね、エッシャー、ダリ、マグリットの登場!
有名な絵ばかりきていました。
楽しめる展覧会でした。

10月5日まで。
その後、関西方面に巡回しますので、ご興味のあるかたはぜひ♪


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪