FC2ブログ

プロフィール

ゆめのゆき

Author:ゆめのゆき
3匹の猫と暮らしています。
小学校の図書室でボランティア5年目。
子供の頃から本好きで、編集者やイラストレーターの経験もあり。娘の幼稚園で絵本サークルを立ち上げ、小学校でも6年間、読み聞かせボランティアをしてきました。今は特別支援学級の子ども達に読み聞かせする機会をいただき、楽しませていただいています。子ども達は可愛いです♪
イギリスのファンタジー、マザーグース、アリスの本と黄金期のイラストレーターの絵本は、かなりコレクションしています。
少女マンガも好きな作家さんの本はコレクションしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
47位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

フリーエリア

すてきな三にんぐみ

Category : 読み聞かせ


さて、また間があいてしまいましたが、1学期最後2年生以上の本には、トミー・アンゲラーの「すてきな三にんぐみ」にしてみました。これもロングセラーですね。奥付をみてみたら、なんと106刷ですって!!初版は1969年です。さらにまだまだ更新されるんでしょうね〜
ダークな色調で、今江祥智さんの訳文はちょっぴり古めかしい表現もあるのですが、みんないきなり引き込まれ、真剣に絵をみて、きいてくれています。トミー・アンゲラーは漫画家から絵本作家になったんだったと思いますが、絵はセンシティブで今見ても古さを感じさせないですね。
なぜ山賊3人組がすてきな三人組なのか。。お金持ちそうな馬車を襲っては金銀宝石を盗むのだけど、あるとき襲った馬車にはみなしごになったティファニーちゃんがおばさんの家にひきとられることになっていたけど、それよりも山賊さんたちと暮らすのが面白そうという選択をする。山賊のすみかで金銀財宝を見つけると、これ何に使うの?と聞くが、山賊達はなにも決めていない。。それではみなしごたちの家をつくろうということになり。。
いや〜このあたり、もっとドラマチックに読むべきでしたね〜^^;さらりと流して読んじゃいました!^^;
でも、目を輝かせて聞いていた2年生の男の子が、それ借りたい!と声をあげましたよ。
私は赤いマントの子ども達がいっぱいのシーンが好きです。

夏休みに読んだ本のこと教えてね〜といって1学期の読み聞かせを終わりました。9月にまた会えるのを楽しみにしています^^


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪
スポンサーサイト



あおくんときいろちゃん

Category : 読み聞かせ


今週で1学期も終わります。
プール授業の関係で1年生とそれ以上に分かれての授業でした。

1年生はお休みの子もいて、いつもよりさらに少人数でしたが、なにを読もうか直前まであれこれ迷いました。
で、レオ=レオニの「あおくんときいろちゃん」にしてみました。また70年代シリーズ。
レオ=レオニの絵本って結構難しいんですよね。哲学的な感じの作品も多いです。「スイミー」は3年生の教科書にずっと載っているのかな?
「あおくんときいろちゃん」は、レオニさんの絵本処女作でしたっけ?
たしかお孫さんが遊びに来たときに即興で色紙をちぎって作ったとか・・

さて、あおくんもきいろちゃんもただのちぎった丸い色紙で、顔がついているわけでもないので、子ども達は最初ちょっと困惑してるみたいでした。どう考えたらいいのかな?って感じ?シュール過ぎ?
読み進むにつれてだんだん分かって来た感じ?
あおくんがなかよしのきいろちゃんと遊びたくて探しまわって、やっと会えた時、うれしくてうれしくて重なってみどりになっちゃうんですよね。だんだん重なって行くシーンは3場面にわたって描かれていますが、私なんかは算数の「集合」を思い出してしまいます。
それぞれの家に帰ると、こんな子はうちの子じゃないって言われて、泣いていたら、青い涙と黄色い涙がでて、元通りのあおくんときいろちゃんに戻ってよかったね〜って話なんだけど。。
いや〜 これも名作ですよね。
読み終わってから、実際に絵の具を使って、青と黄色をまぜたら緑になるというのを子ども達にさせたらベストなんだけど。夏休みの宿題で絵を描くときにやってみてね。と言っておきました。1年生はまだ絵の具使わないのかな?おうちでやってくれたら嬉しいんだけどな。


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

まさかさかさま

Category : 読み聞かせ


ちょっと調べる必要があって「さかさま」の絵本を思いつくまま上げて、さらに調べてみたらいろいろ出て来たのが面白かったので、今週は図書室にあった「まさかさかさま」を読んでみました。
見開きの片側に描かれた絵に文章がついていますが、上下ひっくり返すと、文章も絵もあらら〜?別のものが出てきます。さかさ絵というのでしょうか。
上の本をクリックするとAmazonに飛び、中身が見られるようになっているのですが。。やはり見せてはくれないのでした。。
この「まさかさかかま」はシリーズになっていて、全部で6冊くらいまで出ているでしょうか。図書室には2までしかなかったのですが、人気のシリーズです。

さて、子ども達の反応はそれぞれで面白かったです。最初はなんだろう?と怪訝そうでしたが、だんだん引き込まれて行ったようです。ちょっとヒントをあげたりしてね。
ここ何回か本を借りなくていい、と言い出した男の子が気になっていて、興味を持ってくれそうな本を勧めて、授業では読んでくれるのですが、借りなくていい、と。。なんとなく原因はわかるような。。
それがその子がこの本を読んであげたら「借りたい!」と言ってくれて!
しかももう一人の男の子S君も2のほうを借りたかったのですが、その子は「そっちを借りたい!」と。。そうしたらS君が「じゃ、いいよ」と譲ってくれたのです。S君、なんていい子になったの〜〜!?成長したね〜〜!私は嬉しくて「ありがとうね」とお礼を。。いや〜嬉しいな〜最初このクラスに入ったときのことを思うと。。

さて、最初に書いたさかさ絵本、図書室にないものも、帰りに図書館に寄って借りて来ちゃいました。

さかさまさかさ


福音館書店「たくさんのふしぎ」傑作集 野崎昭宏先生とタイガー立石さんの傑作ですが、現在絶版みたいですね〜

さかさまさかさま


これは、世界がさまさまのネズミのレミくんのお話。

まさかさかさま


これは同じタイトルですが、石津ちひろさんの回文集です。絵は長新太さん!

ね、タイトルが似ていて、ちょっと面倒くさい、もとい、面白いでしょう?^0^


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪



東京国際ブックフェアに行ってきました

Category : おでかけ
ビックサイト

娘が大学で招待券を2枚もらってきたので、初めて行ってみました。
小学校の司書の先生からも、息子さんと行って楽しんできたことを伺っていました。書籍もほとんどが安く買えるのも魅力的ダナと思って。。

りんかい線に乗るのも初めて。このあたりをお台場と言うの?
電車の本数はあまり多くないのですね。

いやーーおっきいですね!その名の通りビッグサイト!
出版関係、印刷関係などの方々に混じり、昨日からは一般も入れるとあって、慣れた人たちでしょうか?カート持参の人もチラホラ。。どれだけ買うのかな?!
私はなるべく買わないようにとは思っていましたが。。やっぱり新本も安く買えるとなると。。我慢してたけどついに洋書絵本のコーナーでベスコフのカレンダー、ピーターラビットのマザーグースCDつき絵本、ツヴェルガーの絵本を購入したのを皮切りに。。いや、それでもまだ我慢我慢。。ってか人が多くてレジまで長蛇の列となると、もういいや~となってしまい。。児童書のコーナーは全品2割引でル・カインの絵本でまだ持っていないのがあったので買おうかと思ったけど混んでてあきらめました。
そのかわり、となりの今人舎という会社、見ると図書室でも以前人気でボロボロになってるしかけ絵本「ドラゴン学」があるじゃないですか!ほかのシリーズも展示されていて、冊数により割引率も上がるというので、2冊買っちゃいました。半額以下~~~!わーーい!これ高いのよ~~手が出なかったのよ~~!
会社の人たちはいかにも楽しそうに説明をしていましたが、私が図書室の話をしたらとても喜んでくれて、早速次のお客さんにその話をしてました!やっぱり受け手の感想ってなかなか直接聞く機会がないだろうし、喜んでもらえてよかった~^^
河出書房新社のブースも大きくて目立っていました。旧版や絶版の本も展示されていたり、、中江嘉男・上野紀子の絵本、澁澤龍彦の本。。に混じってツレの訳した「キャロル大魔法館」もありました!
あと人気だったのは手塚プロのブース。割引はないんだけど、買うとアトムとレオのショッパーに入れてくれるのと、オマケにオリジナルクリアファイルとしおりがもらえるというので、娘は大好きな「七色いんこ」を買っていました。
あとは人気のパラパラ絵本がタイムセールで半額だったから買ってみた。通りかかった創元社のブースでリトルニモの会場限定Tシャツが1000 円というのを見つけてこれも買い!
結構買っちゃったじゃないかぁ~
講談社では「なかよし」が60周年とかで(「りぼん」もよね!)創刊号(松島トモ子ちゃんの表紙だった?)や歴代の付録の展示がよかった。セーラームーンやカードチャプターさくらなどの原画もあったり。
人気作家の講演会もあり、私が通りかかったときは片岡義男氏がお話していました。サイン本もでてました。娘は元「少年ジャンプ」の編集長、現集英社取締役の方のお話を聞きにいってとても感激していました。出版業界にとても興味をもったようです。

しっかしとても1日では回りきれないというのは本当ですね。
私は出版社のブースを回っただけでいっぱい・・ほかにも印刷会社や電子書籍、各国の出版社もありました。階上にはクリエーターブースがあったりしたのですが、まったく行けませんでした。。。
買った本は宅配便で送ってくれる制度もあるらしいのですが、持って帰ってきました。雨でしたけど。。結構散財しちゃったけど、オトクだったからいいか~(いいのか?)娘もいろいろ厳選して買い込んでいました。。また家が狭くなるわ^^;;
しかしビッグサイト、早じまいなんですね。。ちょっと休憩するカフェなど、帰る頃にはまだ夕方5時台だったと思うけど、もうほとんど閉まってて。。開いてても、もう食べるものほとんど売り切れ。。^^;そういう場所なんですね。
でも、また次回も行ってみたい~

ブックフェア1

ブックフェア3

ブックフェア2

ブックフェア4

片岡義男さん


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

どうぞのいす

Category : 読み聞かせ


7月になりました。1年の後半ですね。
今週の読み聞かせは「どうぞのいす」にしました。ほかの絵本といっしょに見せてどっちがいい?と聞いたらこちらの希望が多かったので。
この絵本、実はちょっと偏見があったかも。。^^;娘が幼稚園のときに園長先生が絶賛していて。。お話を聞くと、かなり教訓的なお話なのかな?と勝手に食わず嫌いしていたのでした。
香山美子さんはかなり昔から児童文学を書かれていた方だったと思います。それに「どんくまさんシリーズ」の柿本幸造さんが暖かく柔らかい色彩の可愛らしい絵をつけました。
子ども達も表紙のうさぎさんを見て、こっちの本がいい!という意見が多かったです。
まず最初にうさぎさんが木の椅子を作るのだけど、椅子にしっぽをつけるというアイディアがいいですね。
図書室のとなりは図工室なのですが、高学年になると毎年こんな感じの木の椅子を作ります。毎年展示を楽しみにしています。しっぽのついた椅子がないか、今度よく見てみよう。
うさぎさんは椅子を自分のために作ったのではなくて「どうぞのいす」っていう立て札とともに木の下に置くんですね。
ろばさんがやってきて、ひろったどんぐりの入ったかごを椅子に置いて一眠り。
その間にいろいろな動物がやってきて。。「どうぞ」と書かれているので、椅子に置かれたものを全部たいらげてしまいます。ちょっとハラハラしますが、「からっぽにしては、あとの人にお気の毒」と言っては自分の持っていた食べ物を置いて行きます。それでキツネの置いて行ったパンを食べたリス達が栗の実を置いて行き、目が醒めたロバが「あれれ?どんぐりってくりの赤ちゃんだったのかしら?」って驚きます。いいですねぇ〜^^
ちょっとわらしべ長者みたいなお話かしら?
園長先生が絶賛したのは、次の人のために自分の食べ物を置いていくというところだったのでしょうね。
そんな説明をしてもしなくても、素敵なお話だなぁと思いました。
最後にうさぎさんは出てこないのですね〜


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪