FC2ブログ

プロフィール

ゆめのゆき

Author:ゆめのゆき
3匹の猫と暮らしています。
小学校の図書室でボランティア5年目。
子供の頃から本好きで、編集者やイラストレーターの経験もあり。娘の幼稚園で絵本サークルを立ち上げ、小学校でも6年間、読み聞かせボランティアをしてきました。今は特別支援学級の子ども達に読み聞かせする機会をいただき、楽しませていただいています。子ども達は可愛いです♪
イギリスのファンタジー、マザーグース、アリスの本と黄金期のイラストレーターの絵本は、かなりコレクションしています。
少女マンガも好きな作家さんの本はコレクションしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
47位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

フリーエリア

はるかぜのホネホネさん

Category : 読み聞かせ


すっかり春めいてきました。
図書館の児童書コーナーの入り口に春の本が集められていました。
いくつか見てみましたが、にしむらあつこさんのホネホネさんシリーズ「はるかぜのホネホネさん」を見つけました。
ホネホネさんは一度読みましたが、これは3作目だということです。もっと出ていた気がしますが、月刊誌「こどものとも」に発表されているも、まだハードカバーの<こどものとも傑作集>になっていないのかもしれませんね。
それにしても、ガイコツの郵便屋さんっていったいどうやって発想したんでしょうねえ。。全然気持ち悪くないし、可愛いくみえてしまいます。自転車のタイヤはよくみると蜘蛛の巣のデザインだったりして。。不思議な世界ですねぇ。。
いつものように、ホネホネさんが郵便を配達しています。冬眠からさめたへびのニョロコさんなど、おなじみのメンバーが登場します。入学式やお茶会、花粉症など。。桜並木を走って郵便を届けるホネホネさん。
自転車のきしむ音、「ギコギコキーッ」が何度も繰り返されるので、子ども達もいっしょになって「ギコギコキーッ」って言ってくれるんですよ〜^^

そして先週、安野光雅さんの「もりのえほん」を紹介しましたが、今週もいつも動き回っている男の子に渡し、先生にも教えて上げたら、ふたりして動物探しに熱中していました!大人も夢中になってしまうので危険な本です〜!^^;


早いもので来週は今年度最後になります。卒業する子もいます。なにを読んであげようかな。。


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

スポンサーサイト



おたすけこびと

Category : 読み聞かせ


ここのところすっかり暖かくなったと思ったら、今日は冷たい雨。
いつも歩き回ってばかりの子に、安野光雅『もりのえほん』を見せたらめちゃくちゃハマってくれて。。ちょっとうるさかったかな。。私もいっしょに楽しんじゃって、ついつい時間を忘れてしまうところでした〜
この本のコンセプトは『ミッケ!』と似た感じですが、一見2色で描かれた森の中の風景にリアルな動物たちが隠れているのを探すのですが、本を逆さにしたり、横にしたり、よーく見ないとわからないのもあります。見つかったときの喜びといったら。。♪



さて、今週の読み聞かせは『おたすけこびと』にしました。
タイトルのページからもうお話は始まっていたのですね。
窓の外、お父さんと男の子が車の前で待っています。おかあさんは電話をして「ではよろしくね」と言っています。
電話を受けている人「はい、しょうちしました」って。
するとこびとたちが大勢、何人いるのでしょう? さあ、しごとだ!ってショベルカーやダンプカーに乗り込み。。
男の子たちが大好きな、はたらくくるまたち!
まるで工事中の雰囲気。こびとの帽子はヘルメットですね。旗も持ってる。
卵に小麦粉、バターに砂糖。。重機を使って卵を割ったり、たねをかき混ぜたり。
なんと作っているのはケーキです。

いちごをのせるところで、子ども達大興奮!
「おたんじょうびおめでとう」と書いたビスケットのプレートはなんとヘリコプターが運んできます。
これは楽しいですね。

みんなが帰ってきた頃、ケーキ完成!
おかあさん手抜き〜〜?!
みんなこびとがやってくれるのは、グリムの昔話みたいですね。
子ども達、「いいなぁ〜、うちにも来てほしい!」「宿題もやってほしい!」ですって。。

お母さんがケーキを運んでくるところ、なんと窓からこびとたちが見ています。
子ども達が教えてくれました!小さいから気がつかなかった〜・・
下の絵をクリックして、窓辺をみてくださいね。

おたすけこびと1

おたすけこびと2

「おたすけこびと」はシリーズ化していて、全部で5冊出ているのですね。ほかのも見てみたいです。
そういえば、先週も「ひなまつりこびと」で、連続こびとシリーズになっちゃいました^^;



気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

「描かれた大正モダン・キッズ展」

Category : 美術展・展覧会
大正モダン1

大正モダン2

昨日は、ちょっと足をのばして板橋区立美術館へ。
「描かれた大正モダン・キッズ展」見学してきました。
大正3年に創刊された子供の雑誌『子供之友』の原画展です。
だいぶ前ですが、今回のポスターになっている村山知義の絵や、竹久夢二の輪踊りの絵など、見ていたのでどうしようかなぁと思っていたのですが、行ってよかったですね。
雑誌『子供之友』に特化しているので流れがよくわかりました。
竹久夢二、村山知義、武井武雄、岡本帰一などは大好きでしたが、北澤楽天という方は今回初めて知りました。でも絵は多分見たことありますね。。
楽天は初期の『子供之友』を支えたメインの画家なんですね。いろいろなタイプの絵が描けてとても器用で、様々なタッチの楽しい絵をたくさん描いています。
自由学園の創始者、羽仁もと子のエピソードも垣間みることができました。

ちょうどこの展覧会の企画者である松本育子さんの講演会もあるというので、聞かせてもらいました。
『子供之友』の画家たち、というお題でしたので、主に表紙をスライドで映しながらの解説でしたが、やはり村山知義がメインだった年のおしゃれなこと!まさに大正モダン!武井武雄も負けていませんね。
エピソードがたくさん聞けて、その思い入れも知ることができました。

展示室では、本も手に取ることができたようでしたが、そこまでゆっくりできなかったのがちょっと残念でした。
でも、復刻版が買えるとあって、村山の表紙のを1冊、それと武井武雄の「イソップものがたり」を図録とともに購入。うれしい~♪
イソップは今いろいろ探しているところだったので「おお!」と一目惚れ。とてもきれいな本です!

今度は続いて『少女の友』紹介の展覧会など企画してほしいですね〜

大正モダン3

大正モダンポスター

描かれた大正モダン・キッズ展
板橋区立美術館で3月27日まで
http://www.itabashiartmuseum.jp/main/exhibition/ex160228.html


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

坂田靖子原画展

Category : 美術展・展覧会
坂田靖子展

今日は銀座スパンアートギャラリーへ、坂田靖子原画展に行ってきました。
漫画家生活40年記念で初めての個展だそうです。「LaLa」の読者でしたから、萩尾望都先生や大島弓子先生などの作品とともに坂田先生の作品もよく読んでいました。幻想的で不思議な作品が好きでした。
初日はサイン本や原画の販売があるという情報が出たので、ある程度予想はしていましたが。。
オープンして30分くらいに銀座駅からギャラリーに向かっていると、なんだか人だかり? なにかあった? それともまさか。。?
そのまさか!
ギャラリーの前に入れない人たちが待っている? 中をみると満員電車状態?
先に来ている友人を探しに入りました。サイン本と原画を買えたようです。うらやましい・・
しかし、あまりにも人が多くて、絵もゆっくり見られない感じ。。
一旦出てからランチ後にまた来たら、人もはけてゆっくり鑑賞。
久々に坂田先生の世界に触れました。原画はとても可愛らしく色彩がきれいで〜アマチュア時代の肉筆回覧誌(昔は今みたいにPCもプリンターもないし、コピーも高かったので、1部のみの同人誌を回して読んでもらったのです)や萩尾望都先生宛のファンレターなども展示されていたり。。暖かい気持ちになりました。
そして今回の図録にもなっている「総特集・坂田靖子〜ふしぎの国のマンガ描き〜」を購入。ギャラリーの種村さんと少しおしゃべり。

また昔の話になってしまいますが、坂田靖子先生にもお原稿(見開き2ページのイラストエッセイ)をお願いしたことが2度あります。2度目は同じ企画で森川久美先生にもお願いしたので、お二人にお原稿をいただきに金沢まで行き、お会いしました。描いているもののタイプもお人柄も違うお二人ですが、とても楽しかったことを覚えています。ご近所でもなかなかいっしょにという機会もないそうなので、貴重な時間でした。可愛いお年賀状もいただいて嬉しかったなぁ。
これからもずっとすてきな作品を発表していってほしいです。

坂田靖子原画展は、銀座スパンアートギャラリーにて3月15日まで。詳細はこちら↓
http://www.span-art.co.jp/exhibition/201603sakatayasuko.html

図録はこちら。Amazonで購入できます。↓



気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

ひなまつりこびとのおはなし

Category : 読み聞かせ


明日はひなまつりですね。
それで、今回はまついのりこさんの行事こびとのえほんシリーズから『ひなまつりこびとのおはなし』を読みました。
小さくて可愛らしい絵本です。
3月3日がくると、ひなまつりこびとの頭の桃の花が開きます。長い間ねむっていたこびとが目を覚ましておひなまつりの準備を始めます。
おひなさまを箱から出すと、一対のぼんぼりの片方がありません。
それでこびとは探しに行きます。なんと、床に穴があいていて、そこを降りて床下の世界へ。。

女の子は可愛いこびとの様子に心をつかまれているようでしたが、男の子はここに興味を示しました。まさかここで地下の世界に行くことになろうとはね。

そこでねずみの一家がいて、ぼんぼりを見つけますが、事情がわかって貸してあげることにして戻ります。
そのときぼんぼりに桃の花びらが一枚入って、あたりはきれいな桃色に。
地下の世界は灰色でしたが、その変化がすてきでした。
最後のページはドアを開けて小さなお客さまたちがにこにこしています。
そして、本を閉じると、裏表紙には眠っているこびと。頭の花はつぼみになっています。

こんなお話がすきそうな女の子がいるのですが、やはり気に入ってくれましたね。
男の子たちも静かに聞いてくれました。

作者のまついのりこさん、若い頃に絵本の講座でお話を伺ったことがあります。
お子さんが生まれて、絵本の魅力に取り付かれ、若い人たちに混じって美大を受験し、絵の勉強をしたそうです。はちきれそうな元気でパワフルな方でした。
今では、大学に入り直すシニアも増えましたが、まついさん世代ではかなり珍しかったですね。ご本人も若い人たちに混じって恥ずかしかったけれども、絵本を描きたい!という気持ちのほうが強かったので頑張れたそうです。天晴!

ひなまつりが終わればそろそろ卒業の季節ですね。
今日も卒業生を送る会のリハーサルがあり、ちょっと変則的な授業になりました。


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪