FC2ブログ

プロフィール

ゆめのゆき

Author:ゆめのゆき
3匹の猫と暮らしています。
小学校の図書室でボランティア5年目。
子供の頃から本好きで、編集者やイラストレーターの経験もあり。娘の幼稚園で絵本サークルを立ち上げ、小学校でも6年間、読み聞かせボランティアをしてきました。今は特別支援学級の子ども達に読み聞かせする機会をいただき、楽しませていただいています。子ども達は可愛いです♪
イギリスのファンタジー、マザーグース、アリスの本と黄金期のイラストレーターの絵本は、かなりコレクションしています。
少女マンガも好きな作家さんの本はコレクションしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
47位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

フリーエリア

コッケモーモー!

Category : 読み聞かせ


今週の読み聞かせは、いくつか候補をたてていたのですが、司書の先生に今週は何を読んでいますか?と聞いたら、この本を紹介してくださいました。先生は毎年1年生に読んであげてるとか。
この本、知ってはいましたが、自分で読んだことはありません。改めて読んでみるとわかりやすくて面白いかも!と思い決めました。明るい色彩もいい感じ。
子どもたち、新年度になって、まだ落ち着かないところがあるかな。。
5年生になった子たちは、1年生のお世話をすることになっているようで、先週はそのお兄さんお姉さんぶりにとても感心したのだけど、ちょっと疲れてるかな? 
5年生の男の子、珍しく読み聞かせタイムに私の膝にくっついてきました^^ 可愛いな〜
本当は小さい1年生を前にすわらせて、上級生は後ろにと言ってたけれども、後ろの子が見えないわけでもなさそうなので、そのままくっつけさせて読みました^^

お話はオンドリが鳴き方を忘れてしまって、コッケモーモー!コッケブーブー!コッケメーメー!とか間違えて鳴くので、ほかの動物たちにバカにされます。子どもたちはクスクス。。笑いが起こります。
でも、夜中にキツネがメンドリを狙って入ろうとするのに気がついたオンドリ。。
お手柄の最後には本当の鳴き方をやっと思い出してめでたしめでたし。。

わかりやすいと思ったけれども、まだ1年生はノリがわからないかな〜?^^;楽しんではもらえたようですが。
同じような感じでへんな鳴き声がテーマの絵本「あきちゃった!」(http://yumeyuki101.blog.fc2.com/blog-entry-126.html)はみんな大爆笑だったけど(今まででいちばん大ウケした絵本です!)、こちらのほうは可愛い範疇なのかもしれません。
今年もまた子どもたちに楽しんでもらえるように本選びしますよ〜♪


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪
スポンサーサイト



女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~

Category : 読んだ本


映画「リリーのすべて」を観て、本物のゲルダの絵がとても見たくなり、調べてみたら、荒俣宏さんがこの本を出したばかりというので即注文。
本文に入る前のカラー口絵がなんと58ページもあり、ゲルダの絵がいきなりたくさん見られる。ゲルダと、女装したリリーの写真も。
映画の原作となった小説は、夫である風景画家アイナーが、肖像画家の妻ゲルダの急にこられなくなったモデル代わりに女性のドレスを身体にあてたことで女性性に目覚める。その後女装の夫をモデルに描いた絵が売れ、ゲルダは売れっ子画家になるが、ついには夫はリリーとして生きるため性適合手術を受けることになる。ゲルダはリリーを最後までサポートしていくと言う実在の夫婦の物語である。
実際のゲルダの絵をみると、確かに見覚えのあるような。。同じデンマークの挿絵画家、カイ・ニールセンの雰囲気と似たものを感じる。美しくも神秘的で、荒俣氏も書いているように、ちょっと少女マンガ的な雰囲気もあり、ニールセンやあるいはアーサー・ラッカム、エドマンド・デュラックのように幻想挿絵画家として名を残したかもしれない。
しかし、彼女の絵のテーマはファッションプレートや広告といったイラストレーションから、リリーをモデルとしたエロティックガールズアートと言う方向で売れることになる。映画ではタマラ・ド・レンピッカ風に見えたのだが、この本では大きくはないがたくさんの荒俣氏のコレクションが見られるのが嬉しい。
本文も映画では描かれなかった画家夫婦の話がたくさん書かれていて、とても興味深い。












気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

こぶたは大きい

Category : 読み聞かせ


とっても可愛い絵本です。
「おおきいものってなんだろう? 
たぶん、ぶただね。」
って、なんだか唐突!
でも見開き画面いっぱいに大きく描かれたこぶたちゃんのドアップ。迫力ありますよ。
すると、牛がやってきて、もっと大きいよって言います。
俺の方が大きいぞ!って誇示するのでもなく、ケンカするでもなく、次のシーンではもっと大きいのは車、と2頭いっしょに乗っています。
車よりも大きいのはくま。そしてトラック。。。

もうね。子ども達の中にはこのあたりから「地球!宇宙!」と言ってる子がいました^^;
じゃなくて、次は道、だって。そのつぎは町で。。国で。。と、ここまではトラックに乗ったこぶたと牛が見えるんですが、次は、はい、そうですね、地球です。もう見えないみたい。
地球よりも大きいのは、はい、宇宙です。
宇宙の大きさに比べたら、どんなものだってうんとうんと小さい。。字もちいさ〜くなっていきます。
最後のシーンはそうくるか〜
すてきなメッセージで終わります。

ダグロス・フロリアンの絵はほんとうにあったかくて可愛らしいです。大人も子どもも引き込まれますね。訳者・灰島かりさんのリズミカルで話しかけてくるような言葉がコミカルながらもやさしい。以前も読んだ「ぼくのこぶたはいい子で悪い子」もこぶたのお話だったけど、こぶたちゃんがお好きなのかな? 




気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

「俺たちの国芳 わたしの国貞」展

Category : 美術展・展覧会
くにくに2

昨日やっと文化村ミュージアム「俺たちの国芳 わたしの国貞」(くにくに)展に行って参りました。
ボストン美術館の里帰りコレクションです。
平日昼間なのに、若い方や外国人の方々も混じっての大盛況でした。
入り口のショートアニメーションからワクワク感が高まります! 猫がいっぱい♪
文化村は展示の仕方がいつも洒落ていて楽しいですね。
やっぱり猫が描かれているのは顔が緩んでしまいますね~。
美人が素足で猫と遊んでいる絵なんて、うわ~引っ掻かれるよぉ~、でっかい猫が思い切り美人の顔にすりすりしてる絵とか~
あとは国芳のわざと下手に描いた赤塚不二夫先生の絵みたいなのもあったりして、猫がサイコー!
じっくりじっくり楽しんでいましたら、あっというまに2時間以上。
最後に撮影OKコーナーがありましたが、ちょうど昨日、18日までだったようでした~! やった♪
お土産もいろいろ豪華で、コラボグッズも豊富!品切れも結構あるようです。ガチャガチャもあったり。
赤塚不二夫先生の猫みたいなぬいぐるみが気になりつつも図録のみにしました。特別付録もついていましたよ♪
あと、私は借りませんでしたが、音声ガイドのナビゲーターは中村七之助さんで、展覧会イメージソング B’z 松本孝弘「Ups and Downs」が特別収録されているそうです。

そして、あまり教えたくないのですが^^;出口近くにアンケートコーナーがあるんですが、ここに記入して半券を切って入れると、次回の展覧会のチケットが当たるんです♪
前回のラファエル前派展で記入したのが今回当たりました!^0^
これ、わりと当たるんです♪もちろん毎回ではありませんが~
てか当たっても気づかないこともあったりします。。
展覧会が終わった後、文化村サイトで番号が発表されるんですが、すっかり忘れてたり。。以前はハガキがきたのですが、今はネットでの発表です。
当たっても行けなかったり、あまり興味がなかったりで無駄にしたことも。。^^;
皆様もぜひお時間がありましたら、アンケート書いて出してみられては?

「俺たちの国芳 わたしの国貞」展
文化村ミュージアムにて 6月5日まで!
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_kuniyoshi/

ランチは前から気になってた近くのマニーが経営するすてきなお店「ガレットリア」でそば粉クレープを♪お腹いっぱいになりました~♪
マニー


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

ともだちいっぱい

Category : 読み聞かせ


さあ、新しい1年のはじまりです。
特別支援学級にも1年生が入学してきました。4年生にも新しい子が。
1年生から5年生までいっしょの読み聞かせなので、本選びの意識も少し変わるかな。
基本は1年生が楽しめるようなお話になるかと思いますが、5年生もいっしょに楽しめるような内容のものをセレクトしていきたいです。
最初の本は「ともだちいっぱい」(新沢 としひこ 作・ 大島 妙子 絵)にしてみました。
舞台は幼稚園なのですが、表紙には画面いっぱいに子どもたち、動物たち、大人たちも描かれていますね。

みちるが大好きな「かばのブイブイ」の絵本を見ていたら、僕にも見せて!とやってきたさとる。いきなり本をひっぱっちゃだめだよ〜みちるにとってブイブイは大切なともだちなんだから。
なんだよ〜いじわる〜!と両手いっぱいのばして、ぼくなんかこの本箱の本、みんなともだちだもんね〜!と、さとる。
すると、わたしなんか、このへやにあるみのみ〜んなともだちなんだから〜!と両手両足びよーんとのばしたみちる。
すると、こんどなさとるもまけずにびよ〜んとてをのばして、ようちえんごと全部ともだちなんだから〜!と得意顔。
これって、こどもの自慢がエスカレートする感じ、昔からよくあるなぁ〜。でも、手がびよ〜んと伸びるのは、そう、今ならマンガの「ワンピース」ですよね。さっそく5年生男子から「ルフィみたい!」と声が^^だよね〜。つかみはオッケー。
そしてますますエスカレートするふたりのけんか。目に炎が入っちゃってます。「巨人の星」?小学生は知らないよね^^;
そこへやってきたともこちゃん。「ともだちのともだちはともだちなんだよ」
水前寺清子の歌でしたっけ? え?知らない?ごめんなさい〜〜^^;
その一言で、みんなともだち〜!とどんどん空想が広がって行きます。かばのブイブイとみんなもともだち、って。
するとぼくは園長先生とともだちだよ。と言う子がいると、じゃ、みんなも園長先生とともだち〜!
私はアリとともだちなのっていう子がいれば、みんなそうなるし。歌がともだちっていう子がいればそうなるし。。どんどんひろがっていきます。
そこへジャングルジムの上でひとりぼっちのくるみちゃんがいると、空とともだちなんだね!ってみんなともだちになって笑顔でめでたしめでたし。
みんな違う価値観を受け入れるというテーマでした。
こどもたちにも楽しんでくれたようでよかったです。

この本は現在入手しにくいようですね。図書館で出会えてよかったです。


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

萩尾望都SF原画展

Category : 美術展・展覧会
萩尾望都展1

萩尾展2

今日初日で、早速行ってきました!
朝一では混雑するこもと11時目指して行きました。
思ったよりもゆったり見られてよかった。
リアルタイム世代は興奮しない訳がないですね~。盛り上がり過ぎた~^^;
今回はSFに特化した原画展なので、ポーやトーマの原画はありません。
もちろんこの2作品は萩尾先生の不朽の名作!
しかし、こういうセレクトもいいですね~
どれだけ名作を生み出してるの?!

リアルタイムで何度も何度も繰り返し読んだのは「11人いる!」本当に夢中になりましたね~。友人たちと、だれが11人目なのか!と熱く語り合ったのは私たちだけではないでしょう。この原画を見るのはおそらく初めてだと思いますが、当時の気持ちがよみがえってきて、本当に胸が熱くなりましたよ。。
カラー扉絵は、印刷した絵よりもずっと透明感がありました。
「ユニコーンの夢」も、当時扉絵に心熱くしました。萩尾先生もユニコーン好きなんだ~と嬉しくなりましたよ。。
こんなに悲しい物語だったっけ。。原画見てて泣きそうになったよ。
ブラッドベリシリーズ、「スターレッド」「マージナル」「バルバラ異界」「あぶない丘の家」etcetc...から近作「AWAY」まで。
今回のある意味目玉は早川文庫などのカバーイラストかもしれないですね。マンガではないので、私は初めて見るものばかりでした。

展示替えもあるそうです。
図録買ったら、たしかに今日は見なかった絵も載っていたので、そちらも楽しみにしていよう。

展覧会図録は河出書房新社より発売されています。本屋さんでも買えますよ。Amazonではこちらから。


詳しくはこちら
武蔵野市立吉祥寺美術館 5月29日まで
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/2016/02/post-138.html



気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

桜の入学式日和

Category : 身辺雑記
桜2016

今日は久しぶりのお天気でした。
このあたりの公立小学校は入学式でした。
私も新年度初めての図書ボランティアに行きました。
その小学校にいくまでに、自転車で2つの小学校の正門前を通って行くので、今日は3つの小学校の満開の桜の下、キラキラの1年生とその親御さんたちのすてきな笑顔をたくさん見ることができ、とても幸せな気分になりました。
今日だけお天気がよかった感じで、皆さん本当に嬉しかったでしょうね。
幸せのお裾分けをありがとう♪

さて、学校も人事異動があり、校長先生も変わりました。
いつも読み聞かせをしている特別支援クラスの先生も異動があったようです。新1年生も入ってきます。
今日は授業はないので、学級文庫の本の汚れを拭く作業をしていたら、新しい校長先生が「ちょっとみせてください」と言って図書室に入ってきました。
ここだけの話。。もう図書ボランティア6年目になりますが、入学式の日に図書室に校長先生がいらしたのはおそらく初めてではないでしょうか?
それどころか図書室にいらしたことがほとんどないんじゃないかという先生もいらしたのです。。。
それが今年は!
関心をもっていただけてなんだかいい感じで嬉しくなりました。
司書教諭の先生も続投なので、この1年、また楽しい図書室を作っていくお手伝いをしていこうと思います。


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

「リリーのすべて」

Category : 映画・演劇
リリーのすべて

1st dayに話題の映画「リリーのすべて」を見てきました。
ここのところLGBT映画が目白押しで公開されていますよね。まるでここのところの動きを後押しするようです。
最近では一昨年の「チョコレートドーナッツ」のヒット。今もかかっている「キャロル」なども評判になっています。
この映画の予告映像が完璧で、これだけ観れば、映画を観なくてもすべてを語っているくらいなので、観なくてもいいかも?と思ったりもしました。
でも、やっぱり最初から最後まで映画館で観て大正解。
これは目撃するべきです。

簡単に言えば、1920年代、アールデコの時代を生きるデンマークの画家の夫婦、夫が自身の中の女性に目覚め、世界初の性転換手術をするということなのだけど。

まずはアイナー・ヴェイナーとゲルダが実在の画家夫婦ということも知らなかった。
二人は完璧な芸術家の夫婦。美貌も才能もアトリエでの仕事の仕方も。
風景画家として個展で認められ成功した夫
その夫が妻にモデルの代役を頼まれ、絹の靴下とバレエシューズを履き、バレエの衣装を身体に当て、ポーズをとるのをきっかけに、自身の中にある女性に目覚めて行く。
百合の花束を持って現れたモデルのバレリーナ、ウラがアイナーをリリーと名付ける。
ゲルダとウラが面白がって、アイナーを女装させ、歩き方を教えたりして、彼をパーティに連れ出す。
そこでゲイの詩人ヘンリクに見初められ、それを見てしまい焦るゲルダ。
そこからの二人の葛藤。
アイナーはリリーとして生きたいと願い、ゲルダはアイナーを失いたくないと葛藤しながらも理解しようとし、当時はまだ難しかった性転換手術に寄り添う。 もちろんトランスジェンダーという言葉もまだない時代。

すごく切ない。ゲルダの気持ちを思えば。またアイナー/リリーの押さえられない葛藤を一番近くで見ている訳だし。

監督は「英国王のスピーチ」「レ・ミゼラブル」などのトム・フーパー。リリー役のエディ・レッドメインは「レ・ミゼラブル」のマリウス役、昨年は「博士と彼女のセオリー」ホーキング博士役でオスカーを獲得している今最も旬な俳優の一人。ゲルダ役のアリシア・ヴィキャンデルはこの役でアカデミー助演女優賞を獲得。
アカデミー賞ノミネートされた衣装デザインと美術も本当に美しく素晴らしいです。

リリーをモデルにしたゲルダの絵がパリで大人気になるのですが、本物のゲルダの絵が気になり調べてみたら、見たことある感じ。。さらに調べると荒俣宏さんが詳しくて、なんと本を出したばかりだと!
『女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 』
これは買わねば~!
さらにゲルダとリリーの写真も見ることができました。ふたりともステキな方。本にはもっと詳しく載っているのだと思います。早くゲットしなくちゃ!

リリー2女装したリリーその1

リリー1女装したリリーその2

ゲルダゲルダ

展覧会もあったのですね~知らなかったことが悔やまれます~~

今年の春一押し映画ですね!

「リリーのすべて」公式サイト 予告映像見られます!
http://lili-movie.jp

荒俣さんの本はこちら。



気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪