FC2ブログ

プロフィール

ゆめのゆき

Author:ゆめのゆき
3匹の猫と暮らしています。
小学校の図書室でボランティア5年目。
子供の頃から本好きで、編集者やイラストレーターの経験もあり。娘の幼稚園で絵本サークルを立ち上げ、小学校でも6年間、読み聞かせボランティアをしてきました。今は特別支援学級の子ども達に読み聞かせする機会をいただき、楽しませていただいています。子ども達は可愛いです♪
イギリスのファンタジー、マザーグース、アリスの本と黄金期のイラストレーターの絵本は、かなりコレクションしています。
少女マンガも好きな作家さんの本はコレクションしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
47位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

フリーエリア

「アリス・イン・ワンダーランド」の世界 衣装展

Category : 美術展・展覧会
アリス・イン・ワンダーランド~時間の旅~

7月1日映画の公開に先駆けて、「アリス・イン・ワンダーランド」の世界 衣装展に行ってきました。

衣装展1

http://www.fashion-press.net/news/24009

今回は「不思議の国のアリス」の続編「鏡の国のアリス」をモチーフにした映画版の続編となります。気になるキャラクター、ハンプティ・ダンプティもついに登場するようです!
前回は3D映画が話題で、大ヒットでしたが、3Dも今は一段落のようで、それほど盛り上がっていないのかなぁという感じですが。。銀座三越の衣装の展示を見て、盛り上がってきました!
入り口のアーチをくぐると鏡だらけ!そこにウサギやチェシャ猫が!
展示自体の量はそれほどでもなく、アリス、帽子屋、赤の女王の衣装があるだけ。あとは重要な小道具、白ウサギとチェシャ猫のフィギュアくらい。あとはパネルの展示ですね。でも、盛り上がりましたよ~
アリスの衣装は前回のラストで東インド会社?貿易に関わるというシーンがありました。その流れで中国風のゴージャスな刺繍でいっぱいのサテンの衣装なのですね。
楽しみになってきました!

衣装展2 おなじみ時計を持った白ウサギ
衣装展3 アリスの衣装
衣装展4 チェシャ猫
衣装展5 帽子屋の衣装
衣装展6 新キャラ、タイムの小道具
衣装展7 ストーリーパネル
衣装展8 赤の女王
衣装展9 ピンクハウスとのコラボ
衣装展10 ピンクハウスとのコラボ


銀座三越での衣装展、新宿伊勢丹での関連商品イベントは28日まで。

オマケ。。銀座駅前で生まれてはじめて号外もらいました!
はい、イギリスEU離脱の日でした!

衣装展11


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪
スポンサーサイト



ねぇ どっちがすき?

Category : 読み聞かせ


今週は5年生が田植えの授業だとかで、こなくて寂しい〜。でも、それだったら、より低学年向きの絵本をと思い、これにしました。安江リエさんの文に降矢奈々さんがとっても可愛らしくて魅力的な絵をつけました。

右ページと左ページでどっちがすき? って人間の男の子とキツネの男の子が聞いてきます。
ぴっかりめだまやきとほっこりたまごやき
子ども達、どういうことかわかって、こっち、あっちとにぎやかです。
雪降る冬と波乗りの夏、バッタとダンゴムシ(虫はどっちもきらいって子がいました!)、風と雨、パンツとセーター、ダンスと歌。。めくるたびに大にぎわい。
圧巻はブランコとすべりだい。 この対決はそれぞれ1見開き(2ページ)を使って、思い切り大胆な構図で描かれています。ここは絵本の向きを横から縦に動かして、よりダイナミックに見せました!
最後は、じーじーウィンナとじゅうじゅうハンバーグ、どっちがすき?
そう、もちろんみんな大騒ぎです! 最後のページをめくると「どっちもだいすき!」と結ばれます。え〜? それを言っちゃあ。。と思わなくないけど、そうだよね〜^^ 子ども達、大満足のようでよかったです。

このタイトル、以前も読んだバーミンガムの「ねぇ どれがいい?」と似てますね。
内容も2つを並列に並べてどっちがいい?って読者に聞くというのは同じです。
でも、こっちのほうが単純かな。バーミンガムのは、無邪気なようでいて、ちょっとこわかったりします。

来週は5年生に会えますように〜


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

あなのはなし

Category : 読み聞かせ


先週、図書館に行ったら、偶然みつけたこの絵本、なんと「おはなしのろうそく」でおなじみの「あなのはなし」が絵本になってる!?
どれくらいおなじみなのかははなはだ疑問ではありますが。。
「おはなしのろうそく」は、松岡亨子さん主催(現在は名誉理事長)の東京子ども図書館が作ったストーリーテリングのテキスト集です。基本は空でおはなしができるように暗唱するのですが、なかなか敷居が高いですよね。私も覚えることに時間をかけることよりも、朗読というやりかたで使っています。娘の小さいときもずっとそんなやり方で読んであげていました。
ストーリーテリングに関心がある方でしたら、ご存知かと思います。私が知ったのは、絵本好きのママ友に教えてもらった相沢康夫さんの「好きッ! 絵本とおもちゃの日々 」だったでしょうか。(この本、オススメです〜!マンガです)
今はなき吉祥寺の子どもの本とおもちゃのお店「おばあちゃんの玉手箱」に置いてあったので、娘といっしょに遊びに行っては揃えていったという感じです。



「あなのはなし」は、「おはなしのろうそく4」に入っています。

 こちらはハードカバーの愛蔵版です〜

「おはなしのろうそく」に挿絵はついていますが、ひとつのお話に1つが基本な気がします。
そして、「あなのはなし」はそのなかでもわりと短いお話なのですが、1枚の挿絵だけで、あとは耳からお話を聞くことで、想像力を働かせることになるわけです。聞く力、想像する力を養うにはおはなしを聞くというのはとても効果的と言うとわかりやすいでしょうか。まだテレビもない時代、ラジオを聞いて想像力を働かせたというような。。小さいとき、想像力を働かせる経験はその後いろいろな助けになるのではないかと思っています。

でもね、この「あなのはなし」はとってもシュールなおはなし。想像するのはなかなか難しいかも。。?
だって主人公は靴下にあいた「あな」なんです。
これはね、絵本にしてくれたのは画期的だったかもしれないです。紙芝居も出ているようですが。。
赤い靴下にあいた穴をだれも繕ってくれなかったので、穴はどんどん大きくなって、すっかり靴下を飲み込んでしまいました。。
そこで穴はぶらりと外に出て行きます。
この穴の絵。本当に本に穴があいています。手足がついています。右側のページはブラックホールで左側のページはホワイトホール。

子どもたちに、ほらっ、本当にここに穴があいてるでしょ?と言うと、みんな触りたがりました〜。そりゃそうですよね♪
そしてドーナツに会い、カエルに会い、ツバメ、ひつじに会い、いっしょに旅をします。
なぜドーナツ。。?ああ、ドーナツにも穴が。。
そしてみんなでたどりついた小屋で休んでいると、オオカミがやってきて、彼らをパクリと飲み込んでしまいます。

ここで5年生の男の子が「オオカミと7ひきのこやぎ」みたい!と叫びました。みんなももう大騒ぎ。

そして、オオカミは穴をも飲み込みますと、オオカミのおなかに穴があいて、飲み込まれたみんなが出てきます。そして穴はどんどん大きくなって、オオカミを飲み込んでしまうのです! え〜〜〜?! 
絵はどうなっていうかというと、ツチノコみたいなオオカミの形の穴に足がはえているんです〜! そして何食わぬ顔でみんなはまた旅を続けました。。 というシュールで衝撃的なラスト!
右ページには、黒のバックに穴に飲まれた赤い靴下とオオカミの姿。。
さらにめくって奥付のページにはなぜか赤ずきんちゃんとおばあちゃんが楽しくお茶を飲んでいます。テーブルにはドーナツ。手前の小さなテーブルには穴のあいた靴下もおいてあります〜 これは遊びですね。

1年生から5年生まで、みんな大騒ぎでした〜・大成功♪♪
これは大人も楽しめますよ〜。私も大いに楽しめました!
ストーリーテリングの敷居は高くても、こんな絵本なら手に取りやすいですね。


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

カラヴァッジョ展

Category : 美術展・展覧会
カラヴァッジョ

先週木曜に、ようやく上野西洋美術館、カラヴァッジョ展に行ってきました。

http://caravaggio.jp

若冲展諦め組も流れてきてるとか、ル・コルヴィジュ設計の美術館が世界文化遺産に指定されるニュースが飛び込んできたりとかで、こっちも行列らしいとか、恐れつつ行きましたが、、何しろその前のボッチチェリ展、前売り券二人分買っておいたのに気づいたときには終了していたという悔しさをまた味わいたくなかったので、こんどこそは終了する前に行かねばっっとツレとやっと日を合わせて行ってきました~
前置き長っ^^;

行ってみると、6月に入って少し落ち着いたのか、チケット購入の行列はなかったです。
すぐ入れてホッ
中はそれなりに人が入っていましたが、大きい絵が多かったのでそれほど気にならなかったです。
さすがに今回の目玉、最近発見された世界初公開の「法悦のマグダラのマリア」の前はかなりの人だかりでしたが。

連れ合いは、「ナルキッソス」が一番見たかったそうです。
ドラマチックでスキャンダラスなカラヴァッジョの絵のなかでは一番安心してみられる綺麗な絵かもしれません。
ほかの絵は結構視線が合うのがなんというか怖かったですね。。
特に「メドゥーサ」!
これは子どもの頃、父に渋谷のプラネタリウムに連れて行ってもらったときに買ってもらった野尻抱影の「星と伝説」にたしか載っていた絵だと思うのですが(違ったらすみません、、もしかしたら別の本かもしれません)、もう怖くて怖くて。。そのページは開けないようにしてたという記憶があります。
今回のいちばん怖いカテゴリー「断首」の中の一枚。これが平らじゃなくて飛び出てるんですよ。。ツレに聞いたら、これは楯に貼ってあるんだと。。
あ~~そうか!メドゥーサだもんね!その楯を敵に見せたら石のなっちゃうってわけだ!怖いよ~~!
そして「トカゲに噛まれた少年」のそばに、カラヴァッジョの弟子の作品(?)「カニに挟まれた男」っていうのがあって、ちょっと笑えました。

図録を買って、出ようとしたら、いつもはさっさと帰りたがるツレが常設展の奥の版画展「描かれた夢解釈展」が面白そうだから見ようよと言う。
版画展の会場に行くには常設展示の部屋を通らないと行けないんだけど、これが面白かった。以前も見たことがある気がするけど、掛け替えてるのかもしれないですね。え~?こんな名画がこんな身近なところに?!みたいなこともあったり、西洋美術の流れがよくわかる展示だと思います。
驚いたのは、一部の絵をのぞいて撮影可能だということ。
ルーブルなんかもそうですよね。日本でもそんなことができるんだ~!と驚きました。周りをみると、確かに皆さんスマホで撮ってる撮ってる。。

夢絵

満足してランチでもと思ったら、上野じゃなくて東京駅に行くことに。ツレが以前行ったKITTEの2階の東大の博物館にもう一度行きたいというので。
まずは1階の千疋屋でランチ。ツレはマンゴーカレー、私が限定夏野菜のパスタ、それに名物フルーツサンドも半分づつ。フルーツサンドは「マツコの知らない世界」で取り上げられて、娘が食べに行きたいと言ってたから写真だけ送ってあげました~(イヤミか?)

フルーツサンド

ここの2階の博物館はツレのお気に入り。無料で珍しいコレクションが楽しめます。どでかいワニの骨とか。。昔の珍しい写真とか。。動植物の標本類などいろいろ。。

早めに出かけたので大満足の一日でした。

ところで、カラヴァッジョのエピソードを一つ。
もう7年前?娘とロンドン旅行に行ったとき、ツレの友人、江戸時代の文化研究のタイモン・スクリーチさんに毎日のように案内していただいたのだけど、最後にお宅に呼んでもらったので何か手土産をと、ロンドンのどこにでもあるポピュラーなスーパーに入ってワインでもと物色。。ワインに詳しい訳でもないので、ジャケ買いって言うの?ラベルのデザインとお値段で選んでいたところ、綺麗な天使の絵のラベルがあったのでそれに決めて持って行き、ティムさんのパートナー、日本人のカズさんに渡したら「カラヴァッジョじゃない!僕大好きなんだよ~!」とラベルを見て大喜び!こちらは知らずに選んだのに、やったね!って感じ♪喜んでもらえてとっても嬉しかったのでした。
カラヴァッジョ、そんなに好きでもないけど、そんなことがあってちょっとだけ親近感が湧いて、今回観に行ったというわけ。いや、それだけなんだけど、きっかけって面白いな~。
スクリーチさんといえば、最近「所さんのニッポンの出番」という番組に出てたというので、今日検索したらYOU TUBEにあがってたので、皆で見てウケてました! ロンドンの街角で日本語で話しかけてくださいっていう企画。
リンク貼っておきます。ティムさんは14分47秒あたりからです。飛ばしたかったら、下のカーソル(っていうのか?赤い丸)を動かして見てくださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=vS0J-8jpxfk

あ、カラヴァッジョ展は12日までです!見たくなった人は急いでくださいね〜!


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ

Category : 読み聞かせ


今日から6月。今週の本は、五味太郎さんの「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」にしました。そう、6月4日の虫歯予防デーが近いですからね。
五味太郎さん、ノリに乗ってた時期の作品ですよね。私は「みんなうんち」と並ぶ傑作だと思います。初版はなんと1984年。え?32年前?!そんな前でしたかー。
娘が小学生の頃、ふたりのお母さんがこの本をわにさん役と歯医者さん役になり掛け合いで読んでくれたのですが、それがとっても楽しくって。もちろん子ども達に(大人たちにも)大ウケ。
虫歯になったわにさんと、あまり仕事熱心でない(?)歯医者さん、しかもわにが患者としてやってきたらビビりますよね〜。
ふたりとも、お互いを見て、まったく同じセリフを言うんですよね〜。わにさんのセリフは明朝体、歯医者さんはゴシック体が使われています。
とてもよく練れたセリフで、感心してしまいます。
こどもたちの反応もそれぞれで面白いですね〜。もちろんすでにお話を知っている子もいましたが、楽しんでくれています。
そして、五味太郎さんの出身小学校はうちのすぐ近所だったりします。以前テレビ番組で見て知りました。


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪