プロフィール

ゆめのゆき

Author:ゆめのゆき
3匹の猫と暮らしています。
小学校の図書室でボランティア5年目。
子供の頃から本好きで、編集者やイラストレーターの経験もあり。娘の幼稚園で絵本サークルを立ち上げ、小学校でも6年間、読み聞かせボランティアをしてきました。今は特別支援学級の子ども達に読み聞かせする機会をいただき、楽しませていただいています。子ども達は可愛いです♪
イギリスのファンタジー、マザーグース、アリスの本と黄金期のイラストレーターの絵本は、かなりコレクションしています。
少女マンガも好きな作家さんの本はコレクションしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
18位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

フリーエリア

ファインディング・ネバーランド

Category : 映画・演劇
ネヴァーランド1

ネヴァーランド2

昨日は久々に娘と渋谷シアターオーブにて「ファインディング・ネバーランド」観てきました。
原作はジョニー・デップ主演の映画「ネバーランド」。言わずと知れた「ピーター・パン」の作者ジェームズ・バリーがピーターの物語を生み出すまでの物語です。
初演では主役のバリーは、大好きなドラマ「glee」のシュースター先生役のマシュー・モリソンだったので、本音はシュー先生で観たかったですけれども。
でも、ピーターパンは大好きな物語。
先日の「ビリー・エリオット」の時にも書きましたように、2009年の娘とのロンドン旅行では、ピーターパンも観ました。しかも物語の舞台のケンジントン公園の中にテントを設営し、そこでピーターパンに会えるという夢のようなシチュエーションだったのです。
ミュージカルではなかったのですが、普通ピーター役は女の子が演じることが多いのですが(日本でもそうですよね)、このときは珍しく男の子が演じました。なかなかのイケメン少年。
もちろん開演前にはケンジントン公園のピーターパン像に会ってきましたよ。2度目でしたが、大好きな場所です。ピーターパンのファンなら一度は訪れたい場所ですよね。
ピーター像

ピーターテント2

ピーターテント

さて、またまた前置き長いですね^^;
当日は私は9列目の下手寄りの席、娘はU25席で取ったのですが、なんと2階のバルコニー席!しかもプログラム付きでほぼ半額で観られて大満足でしたね〜

スタッフは昨年ここで観た「ピピン」と同じメンバーも。
これはいやでも期待が高まりますね。

オープニングからティンカーベルの光に始まり、ピーターパンの登場人物が舞台いっぱい動き回りますが、まだ話の都合上誕生してないといって、引っ込まされてしまいますが、いきなり盛り上がりますね!

売れっ子劇作家バリーはスランプ気味。新作を待たれているが、公園で出会った4人の少年たちとその母シルヴィアと話していて、新作が今迄の作品の二番煎じだと気づかされ、原稿を破いてしまう。
原稿は書けず、妻と心が通わなくなり、寂しい心を抱えるバリー。
自身を投影して生まれたのはフック船長。満たされない心のまま大きくなった寂しい子供。
1幕のラストは海賊たちと大砲を打ちながらの圧巻な歌。

4人の男の子たちと遊ぶ中で子供の心を取り戻して行くバリー。
3男のピーターの名を主人公にもらい、ピーターパンを書き上げる。
プロデューサーも俳優たちも、こんな子供の話をやるなんて!と大騒ぎ。
ここは面白いところで、芝居=ストレートプレイ。つまり役者って遊びたいからなったんだろ?なんて台詞が飛び出して、気取っていた俳優たちも子供に帰って大騒ぎ。ここで歌われるマザーグースメドレーが私的にはツボでした!

4人の息子たちによるパフォーマンスもとっても可愛くて素敵でした。ウクレレにパーカッションに歌にダンス?笑顔も可愛すぎ! しかし母のシルヴィアは病に冒されていき。。
初日を迎えて、物語はクライマックスを迎えますが。。もう美しすぎて。。 これ以上はネタバレになるのでやめておきますね。ぜひ舞台を観てこの感動を味わっていただけたらと思います。

カーテンコールは撮影可能でしたが、データいっぱいで撮れず。。でもそこはバルコニー席の娘に任せてスタンディングオベーション!
S__4366355.jpg

S__4366357.jpg

よかったです!
娘はCDを欲しがりましたが、日本では未発売で輸入版はまだ届いていないということで残念。。
リピーターズチケットも買いたかったけど。。「ビリーエリオット」も一度観に行くことにしちゃったしな〜〜う〜んもう一度観たい!今度はセンター席で!


今日は図書館でこの本を借りてきました(2度目)。ピーターたちの写真がたくさん、とても素敵です。写真集と言ってるけどまさにこのミュージカルの背景がよくわかります。現在絶版のようですが、ヤフオクで見つけて落札しちゃいました。

「ファインディング・ネバーランド」公式サイト
http://findingneverland.jp
24日までです!


気にいってくださいましたら、ポチっとお願いします♪
スポンサーサイト

非公開コメント