FC2ブログ

プロフィール

ゆめのゆき

Author:ゆめのゆき
3匹の猫と暮らしています。
小学校の図書室でボランティア5年目。
子供の頃から本好きで、編集者やイラストレーターの経験もあり。娘の幼稚園で絵本サークルを立ち上げ、小学校でも6年間、読み聞かせボランティアをしてきました。今は特別支援学級の子ども達に読み聞かせする機会をいただき、楽しませていただいています。子ども達は可愛いです♪
イギリスのファンタジー、マザーグース、アリスの本と黄金期のイラストレーターの絵本は、かなりコレクションしています。
少女マンガも好きな作家さんの本はコレクションしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
47位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

フリーエリア

手塚治虫文化賞授賞式

Category : マンガ
5月30日、第18回手塚治虫文化賞授賞式・記念イベントに参加してきました。
羽海野チカ先生が大賞受賞というニュースが流れて、すぐに一般招待記事を見つけて応募したら、幸運にも当たって!
どんな方なのか、やっぱり興味あるし~!

大江戸線築地市場駅を降りると、お~、なんか魚の匂い。。さすが魚市場だね~
地上にでたらすぐに朝日新聞本社ビルが。

手塚賞1

浜離宮朝日ホールは意外に小さいホールでした。ステージが近くていいかも♪
以前やはり手塚賞のイベントに応募して当たったことがありますが(萩尾望都先生ほか豪華ゲスト!)、そのときはもっと大きな会場でした。

会場入り口には、受賞者の先生方の御本とパネルの展示が。盛り上がるぅ~♪

手塚賞2
手塚賞3
手塚賞4
手塚賞5

関係者、報道関係者が半分で、私たち一般の招待客はたしか150人。ラッキーだ~~!
まぁ関係者席がたくさんなので、座れる席は限られていて、ちょうど真ん中あたりに陣取りました。
しばらくすると同じ列に、あらら、 漫画評論家の石子順先生が座っているではないですか!
もうお忘れかもしれませんが、20代の頃、子供の文化研究所というところで「こどものまんが100の世界」という本を作るメンバーにいれていただき、お世話になったことがあります。先生お変わりなく、お元気そう。ちょっとご挨拶させていただきました。

さて、授賞式。
主催の朝日新聞の方に続いて、手塚先生のご長男、手塚眞氏の祝辞。
審査員の先生方のご紹介もあり、いや~~豪華です!
「バッテリー」など児童文学作家のあさのあつこ先生、今や京都精華大学の学長になられた竹宮恵子先生、学習院大学教授で私も以前お仕事でお世話になりました中条省平先生、そして永井豪先生など。。
審査経過報告として、選考員のヤマダトモコ氏。ヤマダさんは現在明大の漫画図書館スタッフさんなのですね。出身地が藤子不二雄先生と同じ富山県高岡市で出身小学校の大先輩だということで、今回特別賞が藤子不二雄A先生受賞の喜びはひとしおのようでした。

そしてメインの授賞式。
マンガ大賞の羽海野チカ先生ついに登場!
おお。。こんな方だったんだ~~ 「ハチミツとクローバー」のはぐちゃんのイメージって聞いていたけど、ちょっと違ったかな~。でも、ゆっくりと言葉を選んで丁寧にお話される様子は作品とぴったりな感じの方です。感激~~~!
ファッションデザイナーのケイタマルヤマさんが作ってくださったという、すてきなドレスとユニコーンの刺繍のカーディガン!!(私もほしいぃい〜〜!)

次は新生賞の今日マチコ氏。
彼女の作品はとても気になっています。ちゃんと読んではいないのですが。。
それが本日欠席で代理として女優の青柳いずみさんという方が壇上に上がりました。
ちょっとどういうことなのか飲み込めなかったのですが、ご本人は会場にいらしていたということ。女優さんに自分を演じてもらうことで客観視したかったとかとか??
不思議なプロデュースでした。
ご本人の記事
http://juicyfruit.exblog.jp/19853444/

短編賞 施川ユウキ氏、 特別賞 藤子不二雄A先生、 読者賞 小山宙也氏 とそれぞれ個性的で楽しいスピーチが続き、受賞記念対談へ。

藤子不二雄A 先生と永井豪先生の対談から。
いや~~面白かったです!
藤子A先生と言えば、トキワ荘の今や少なくなってしまった生き証人。今回の受賞作「まんが道」「愛・・・しりそめし頃に・・・」、永井先生は石森章太郎先生のアシスタントをされていたのですね~
もうね、でてくるお話みんな興味深くて!
80歳で「まんが道」シリーズの完結を待っての受賞でしたが、本当にお元気!
もう少ししたら、手塚賞のサイトに内容がUPされるそうですので、ご興味ある方はぜひアクセスしてみてくださいね。

その後、羽海野先生とヤマザキマリ先生の対談に。
前のお二人のお話が濃すぎて、お二人は緊張していましたが。。いやいや負けず劣らず楽しかったですよ~
すべて対照的なお二人ですが、お互いを認め合い、信頼し合っているのがとても伝わってきて、とてもよかったです。この場にいられて本当に幸せでした~~♪
こちらも詳しくはぜひ手塚賞サイトで!

イベントは時間通り終了。
受賞した先生方の一人残らずが、手塚先生への敬意を表していたのもよかったですね~。とてもあたたかい授賞式でした。

会場を出るときに、中条先生にご挨拶をしようと前に出て行ったら、その前に藤本由香里さんにバッタリ!もしかしてお会いできるかも、と思っていましたが。。
現役引退して久しいのに、応募してまでこういう場にやってくる私ってば。。。^^;
京都精華大で昨年「バレエまんが展」があったのですが、行けなかった私。。ぜひぜひ東京でもやってほしいわ、ってな話をしていたら、ヤマダトモコさんともそのお話ができまして。。できたらいいのになぁ。。

ロビーでちばてつや先生やいしかわじゅん先生などもおみかけして、ミーハーだからテンション上がった~~♪

そして、出席者に配られたお土産はこれ!嬉しい~~~!
手塚賞で毎年配られるバッジがあるようで、今年はブラックジャック先生でした♪
冊子も充実してます♪大事にします♪

手塚賞お土産1
手塚賞お土産2

とっても素敵な時間でした!


<追記>
記事、レポート、どんどん出てきてます!もっと増えますね〜〜
http://www.asahi.com/shimbun/award/tezuka/#n07
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140531/ent14053107000004-n1.htm
http://ddaisuke.seesaa.net/article/398363369.html
スポンサーサイト



非公開コメント

  


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/03 09:07)

高岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。